参加者 募集中!

一般社団法人プラズマ・核融合学会では,これからの世界を担う高校生の皆さんが最先端の科学や技術に触れ,自ら考える機会を提供することを目的に,2003年(平成15年)から「高校生シンポジウム」を開催しています.


本年度の『第19回高校生シンポジウム SDGsが拓く未来社会 -集まれ高校生研究者-』は,2022年1月29日(土)に,東北大学青葉山キャンパスにて対面とオンライン(internet接続による)のハイブリッド形式で開催する予定です.


発表分野は,プラズマや核融合に関するテーマだけでなく,日頃,クラブ活動等で,物理化学系の研究活動に取り組んでいる高校生の研究発表を募集いたします.研究課題については,今回の高校生シンポジウムのテーマである「持続可能な開発目標(SDGs)達成に向けた取組みに関する研究」を推奨しますが,それ以外の研究課題も歓迎します.


発表形式については,口頭発表またはポスター発表といたします(ポスター発表は現地での対面のみです).申請時に希望する発表形式を記載していただきます.


なお,口頭発表は件数が限られるため,口頭発表希望の申請数により,ポスター発表への変更をお願いする場合もありますことをご了承ください.


本シンポジウムでは発表の審査を行い,優秀な口頭発表およびポスター発表に対して,プラズマ・核融合学会より表彰があります.科学技術およびSDGsに興味ある多数の高校生ならびに高専生の1〜3年生の皆さん,ぜひ本シンポジウムでの発表にチャレンジしてください.


新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が終息せずに東北大学での対面での開催が難しい場合には,オンラインのみでの開催に変更する可能性があります.


また,第16回より,プラズマ・核融合学会の会員が全国的なネットワークをつくり,高校生の皆さんに大学の研究室で「総合工学のフロンティア」を体験してもらう「事前プラズマ実習」を受け入れてまいりましたが,今年度はCOVID-19感染拡大が懸念され,実習は中止といたしました.

[一番上にもどる]

昨年の様子

昨年の実施レポート(プラズマ・核融合学会 Vol.97-3月号掲載 PDF)をこちらからご覧いただけます

[一番上にもどる]

実施要項

発表形式 ☆ 応募方法と締切 ☆ プログラム概要


発表形式:
  • 口頭発表:発表時間:12分 報告+3分 質疑 (合計:15分)
    (但し,応募件数により変更の可能性があります.これまでの対面での口頭発表同様,講演途中での講演者の交代は自由です)
  • ポスター発表:発表時間 90分

  • 応募方法と締切
  • 申込用紙をダウンロードしてご記入いただき、お申し込みください 
  • 応募締切 2021年12月3日(金)

  • プログラム概要
    (プログラム詳細は,会期2週間前に連絡いたします)
    2022年1月29日
    10:00 開会挨拶 並びに 進行説明
    10:10 口頭発表 第1セッション (6件程度)
    11:40 研究室見学
    12:20 昼食
    13:00 ポスター発表
    14:30 口頭発表 第2セッション (6件程度)
    16:00 休憩
    16:15 特別講演(プラズマ応用最前線 or 世界の核融合研究)
    17:00 顕彰(各賞発表)
    17:15 閉会

    お問合せ

    ★問合せ先:
    一般社団法人 プラズマ・核融合学会
    〒464-0075 名古屋市千種区内山3-1-1-4F
    Tel. 052-735-3185
    E-mail:plasma@[アットマーク]jspf.or.jp

    [一番上にもどる]