English Version


〜今回から学生会員部門・正会員部門の2つで実施します
 一般講演受付締切(8/5月昼12時)までに、事前の申請および「申請用フォーマット」への入力が必要です(一般講演受付完了画面に、「申請用フォーマット」へのリンクが表示されます)

今年会においても、学会の関与する学術分野の発展に寄与する優秀な一般講演論文を発表(口頭発表またはポスター発表)した学生を含む若手研究者個人に対して、「若手学会発表賞」を授与いたします。受賞者には、会長名の賞状および副賞を贈呈します。 

 今年会の「若手学会発表賞」では、プラズマ基礎、プラズマ応用、核融合、炉工学等の研究分野から、学生会員部門・正会員部門それぞれの各領域での申請件数の10%程度を上限として、本学会若手学会発表賞のための推薦(学会賞)委員会による厳正な審査の上、受賞者を選びます。

なお、受賞候補者となるには、一般講演受付締切(8/5月昼12時)までに、事前の申請および申請用フォーマットへ入力することが必要ですので、ご注意ください。

若手賞の申請方法
1:「一般講演受け付けページ」から講演申し込みをします
2:講演受付完了画面からリンクされている「申請用フォーマット」に入力します。その場で入力しきれない場合には、この「申請用フォーマット」ページをブックマークしておいて、一般講演受付締切までに入力を完成させてください

「申請用フォーマット」に記載する内容は以下3点です。それぞれについて500字以内で入力していただきます。

1) 背景:この研究の動機や目的を説明してください国内外の関連する研究の動向や、現在その分野において課題になっていることとの関連があれば、そのことについてもふれてください

2) 研究手法の独創性:この研究において工夫したところ(例:学術的な特色、新しい着想、独創性など)について説明してください

3) 成果の概要:この研究の成果の概要と当該分野におけるその意義・重要性について、それぞれ1-2点挙げて説明してください


  • 若手学会発表賞(学生会員部門・正会員部門)の受賞は、次の条件をすべて満たす方が対象となります。

  • (1) 本学会の学生会員および正会員会員。ただし、入会手続き中の者は会員とみなします。

  • (2) 年会記載年4月1日(2019年4月1日)において、満35歳以下または会議開催中に学生である方。ただし、出産・育児等により長期休業された方は、年齢制限が緩和されますので、事務局までご相談ください。

  • (3) 一般講演論文の筆頭著者の方。

  • (4) 年会開始前に本賞候補者として事前申請している方。

  • (5) 年会に参加登録し、かつ実際に登壇発表した方。

  • (6) 本賞を過去に受賞したことがない方。ただし、学生部門の受賞者は、会員種別変更後、正会員部門でも受賞できます。

  • (7) 申請は一人一件とします。



過去の受賞の記録
  • こちらから
  • Copyright(c) 2019一般社団法人 プラズマ・核融合学会.  All Rights Reserved.
    464-0075 名古屋市千種区内山3-1-1 桜通内山ビル4階  Tel 052-735-3185 Fax 052-735-3485
    Design by http://f-tpl.com