若手優秀発表賞 受賞者7名が決定いたしました


授賞式では,会場にいらした3名のかたにステージにあがっていただきました。



第1回 若手優秀発表賞受賞者


カテゴリ:基礎
氏名;瀬戸慧大
講演番号:01P71(ポスター)
所属:大阪大学レーザーエネルギー学研究センター
題目:超相対論レーザープラズマ相互作用における放射の反作用の影響



カテゴリ:応用
氏名;小野素平
講演番号:03P41(ポスター)
所属:金沢大学
題目:炭化水素燃焼炎への静電放電重畳による燃焼反応促進効果



カテゴリ:応用
氏名;森 芳孝
講演番号:01P58(ポスター)
所属:光産業創成大学院大学
題目:レーザー加速電子によるレーザー逆コンプトン散乱X線発生と遠隔透視応用



カテゴリ:核融合
氏名;相羽信行
講演番号:30pC09(口頭発表) 
所属:日本原子力研究開発機構
題目:トカマク周辺MHD安定性に対する磁力線方向・ポロイダル方向の回転の影響



カテゴリ:核融合
氏名;秋山毅志
講演番号:01P42(ポスター) 
所属:核融合科学研究所
題目:変調強度比を用いたディスパーション干渉計の性能評価



カテゴリ:炉工学
氏名;小田靖久
講演番号:30P35(ポスター)
所属:日本原子力研究開発機構
題目: ITER用電子サイクロトロン加熱電流駆動系の長距離伝送路の高効率伝送の研究



カテゴリ:炉工学
氏名;野上修平
講演番号:30P77(ポスター)
所属:東北大学
題目:核融合炉ブランケット構造材料の疲労き裂発生・進展予測手法の開発





募集概要

今年会から,本学会の関与する学術分野の発展に貢献する優秀な一般講演論文を発表(口頭発表またはポスター発表)した若手・学生会員に対して、「若手優秀発表賞」(未来エネルギー研究協会協賛)を授与することになりました。受賞者には、会長名の賞状および副賞を贈呈します。

ただし、受賞候補者となるには、事前の申請が必要ですので、ご注意ください。

「若手優秀発表賞」の受賞は、次の条件をすべて満たす方が対象となります

(1)本学会の会員。ただし、入会手続き中の者は会員とみなします。
(2) 年会開催年4月1日(2010年4月1日)において満35歳以下または会議開催中に学生である方。ただし、出産・育児等により長期休業された方は、年齢制限が緩和されますので、事務局までご相談ください。
(3) 一般講演論文の筆頭著者の方。
(4)年会開始前に本賞候補者として事前申請している方。
(5) 年会に参加登録し、かつ実際に登壇発表した方。
(6) 本賞を過去に受賞したことがない方。


今年会の「若手優秀発表賞」は、プラズマ物理、プラズマ応用、核融合、炉工学等の研究分野から、全体で8件を上限として、本学会若手優秀発表賞審査委員会による厳正な審査の上、受賞者を選びます。

尚、受賞者の決定は、すべての候補者の講演終了の直後に行い、年会のクロージング(閉会式)にて表彰を行います。従いまして、候補者の方は、可能な限り、クロージングにも出席してください。

 受賞資格を有する方は、ふるってご申請ください。幅広い研究分野から、多くのご申請をお待ちしております。

テンプレートのpondt