委員会について

★編集委員会は,毎月一回13時30分から,名古屋にある学会事務局で開催されます
  (JR・名古屋市営地下鉄東山線「千種(ちくさ)駅」から徒歩5分)
 2018年の委員会開催スケジュール(予定):1/9火・2/2金・3/7水


★毎月の編集委員会ではこんなことをしています
 ・今月号の目次の確認
 ・企画提案された記事の審議
 ・執筆依頼ずみの記事の進行状況チェック
 ・収支状況の確認
 ・学会誌の表紙に載せる図の選定
 ・会議報告を書いてくださるかたを探す

★WebExという便利なテレビ会議システムも用意しています

編集委員会の構成


編集委員会は,委員長・副委員長・編集委員から成ります。
編集委員は現在24名で,以下の5分野の委員によって構成されています。

・APP(Applied Plasma Physics): プラズマ応用分野
・BPP(Basic Plasma Physics and New Trends): プラズマ物理分野
・F E(Fusion Engineering): 核融合炉工学分野 
・I F(Inertial Fusion Energy): 性閉じ込め核融合分野 
・MCF(Magnetic Confinement Fusion): 磁場閉じ込め核融合分野 

各分野ごとに主査(和文誌エディターが兼任)と副主査がいます
このほか 企画幹事・発行幹事(正副各 1 名)がいます

編集委員のお仕事

1.学会誌に掲載する記事(解説・小特集・講座)の立案と工程管理 [任期中2回程度]
2.いろいろな記事の校閲 [任期中4回程度+α]

以下は,任期中1回
3.編集委員会の議事録作成
4.編集後記の執筆
5.会誌まるごとの最終校正

★毎月の編集委員会についてはこちらをごらんください

2017年7月度委員会

2017年7月7日に新旧合同委員会を開催しました

学会誌

★「プラズマ・核融合学会誌」は、プラズマ物理・核融合、プラズマ応用、及びこれらの関連応用研究に関する原著論文、解説記事をはじめ様々な記事を掲載しています。

毎月25日頃に事務局で袋詰め作業をして,会員みなさまに発送しています。
また,ほぼ同時に、WebページでPDF版を公開しています。

こちらから,学会誌の詳細および最新号をごらんいただけます


※会誌送付先のご変更につきましては,こちらをごらんください